ソニー銀行住宅ローン借り換えは審査は甘い?厳しい?

 ソニー銀行借り換え住宅ローンや新生銀行住宅ローン借り換えを検討中っていう人も結構いるのかもしれません。ソニー銀行借り換え住宅ローンを検討している人が多そうだなって思うのは、色々利点が多いからです。例えば、借り入れの時に来店する必要がないということ。返済パターンのシミュレーションから、相談や問い合わせ、申し込みから契約手続きまで全てネットと郵送で行えるんです。来店している時間的余裕がないという人には嬉しいシステムだと思います。また、繰り上げ返済のし易さも利点。

 繰り上げ返済の為に来店する必要はありません。書類の再提出も必要なく、ネットで簡単に行えます。また、いつでも何回でも行えて手数料も無料です。お金が溜まった時に気軽に繰り上げ返済出来るっていうのは魅力だと思います。また、金利タイプを簡単に変更出来るっていうのもメリットの1つです。金利タイプの自由度っていうのは、ソニー銀行借り換え住宅ローンで大事なことだと思います。金利が全てとは言いませんが、長期返済になるローンにおいては大事なポイントであることは間違いありません。しかも、翌月の金利発表は月の中旬ですから金利を比較して金利タイプを変更するということも出来ます。こういった利便性の高さがソニー銀行が人気となる理由なんだと思います。

 さらにソニー銀行は、オリコン顧客満足度ランキングで、2年連続で1位になっているそうですので、それだけ人気があるってことなんだと思います。もちろん、始めからソニーで借りるって人もそうですが、ソニー銀行でローンを借り換えるっていう人も多いんだろうなと勝手に推測しています。ちなみに、ソニー銀行では住宅ローンの金利プランとして『住宅ローン』と『変動セレクト住宅ローン』という2種類を用意しているそうです。

 前者は借り入れ全期間、全ての金利タイプにおいて住宅ローン基準金利から年利0.9%を引き下げてくれるそうで、後者は借り入れ期間中、変動金利適用期間は年利1.2%を、固定金利適用期間は年利0.8%を引き下げてくれるそうです。また、ソニー銀行では繰り上げ返済手数料、保証料、団体信用生命保険料が全て無料となっています。繰り上げ返済は1万円からいつでも何回でも利用することが出来るので、少しお金が溜まったら返していくっていう人には向いている住宅ローンじゃないのかなと思います。また、借り入れまでの必要な手続きがネットと郵送で行えるというのは、今の時世には向いているのかもしれません。

ソニー銀行住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

ソニー銀行住宅ローンを初めて利用する際によく聞かれるのが内容の質問・疑問を持つ人も多いようです。

結論から言えば条件に合っていれば可能です。

銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため車のローンの現在の返済額がソニー銀行住宅ローンの借入可能額に関係してきます。

当然ですが、自動車ローンをちゃんと返済していないとそもそもローンの借入は通らないので気をつけてください。

これはソニー銀行住宅ローン借り換えの審査でも気をつけるべきポイントです。

あまりないと思いますが、現在の自動車ローンを住宅ローンに組み込むことを提案してくる不動産業者もいますが違法な方法なので注意してください。

ソニー銀行住宅ローンを固定金利のフラット35で組んだ方の多くは全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識はありませんか?平成21年4月から借り換え融資プランができたのでソニー銀行住宅ローン借り換えをフラット35同士で借り換えを行うとお得な場合も多くなっているんです。

基本的には金利差が0.3%あればメリットを受けられます。

よく借り換えでオススメされているのが固定金利から変動金利に借り換えをする場合が多いです。

金利が1%から2%低く設定されていることが多いのでパッと見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利から固定金利の場合では、金利変動リスクはありません。

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行機関からお金を借りて、現在借入中の銀行機関に完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行の許可は必要ないので理論上、何度でも借り換えを行なえます。

ただ、借り換えメリットがあるから借り換えを行うわけです。

では、どんな時期に借り換えを行うと良いのでしょうか。

1回限りと言われるとべストな時期に借り換えをしたいですがベストなタイミングは誰にも予測できません。

なぜかというとソニー銀行住宅ローン金利が今後どうなるのかは経済の専門家でも予測不可能だからです。

借り換えメリットが月収以上になったときです。

申し込みが通ったほとんどの人が得すると言われるソニー銀行住宅ローン借り換えですが借り換え申し込みはいつから可能なのでしょうか。

最短での経過日数はわかりませんが半年からメリットがある場合もあります。

1例として、フラット35の借り換えを利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を問題なく進めている方という項目があり、他の銀行もほぼ同様の審査基準になっていると考えたほうが良いです。

また、ソニー銀行住宅ローンの借り換えには手数料などの費用が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件扱いになることから審査が通りにくくなります。

新規の借入時よりも金利が下がっている場合はメリットはありますが、少なくとも1年間返済をした後に検討しましょう。

現在のローンよりも金利の低いローンを組むソニー銀行住宅ローン借り換えですが、手続きに際して必要なものが多く大きくカテゴリー分けすると3つになります。

1つ目は現在の返済中の通帳の写しなどの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる印鑑証明書などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる土地公図などの書類になります。

勤務先で取得する書類に関しては比較的見慣れていると思いますが登記簿謄本や売買契約書などは普段見慣れないものです。

ここに挙げたのは主な書類なので実際に借りる金融機関によっては他の書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

今の借りているローンの金利よりも低い金利にして支払い総額を抑えるソニー銀行住宅ローン借り換えですが、借り換えを行う際にはいくつか注意点があります。

まず注意するのは住宅ローン借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

参考:住宅ローン借り換えランキング!金利手数料がお得なのは? 【銀行比較】

例えば、月々の返済額を抑えられることなどがメリットして挙げられますがローンの借り換えとは現在とは違う別の金融機関でソニー銀行住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要があります。

こういった面も含めて総合的に考えるべきです。

他にも借り換えを行うのを決定した場合には、借り換え先は保証料がかからないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

住宅を購入する際に活用したいソニー銀行住宅ローン控除ですが実はソニー銀行住宅ローン借り換えを行なった後でも条件を満たしていれば利用できます。

しかし、この制度を活用するには勤め先で年末調整をしていた方でも、初めてソニー銀行住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告が必要です。

その際、必要書類が多いので早くから準備を始めましょう。

借り換え後も控除を受けられる条件としては、当初のソニー銀行住宅ローン返済のためという要件と借り換え後の返済期間が10年以上になっているかという点です。

基本的に借り換えを行う理由は借金を返すのが目的ではなく金利を見直すためなのでほとんどの場合で適用可能なことが多いです。

憧れのマイホームを購入する際には多くの人がソニー銀行住宅ローンを利用します。

中には、毎月の返済が大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのがソニー銀行住宅ローン借り換えです。

ただ借り換えのメリットを享受したいことを考えると当然、今のローンよりも金利が低くなる必要があります。

判断基準となるメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているので参考にしてください。

ただ、計算した際の注意点として、シミュレーションを使って30万円くらい利息が少なくなるから借り換えようと思うと登記などの経費が発生して総額がそんなに変わらなかったということもあります。

1度組んだ住宅ローンを他のローンにするソニー銀行住宅ローン借り換えですが新築時にローンが組めたから借り換え審査も通ると楽観的な人もいるようです。

しかし、場合によっては借り換えの審査に落ちることもあります。

基本的には最初のローン審査時と職場や年収が変わっていなければ転職して全然違う職種になっている、年収が下がっている場合は気をつける必要があります。

また、年収や職場が変わっていなくても借り換え時には物件の評価が中古物件扱いになり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他にはカードローンを利用しているなど別のローンを複数抱えている場合です。

年収に対してのローン額が増えていると通らない可能性があります。

家計を圧迫すると言われるソニー銀行住宅ローンの返済ですが中には、組んでいるローンの金利よりも低いローンが変えて毎月の支払額を減らしたいと思いますよね。

ただ、低金利という部分だけを理由に変えるのはやめましょう。

ソニー銀行住宅ローン借り換えは他のローン借り換えとは違い登記などの諸費用が必要になりますので、費用を含めて計算してみたら逆に損していたということもあります。

シミュレーション時にメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えを行う基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収を越した時です。

Copyright (C) ソニー銀行住宅ローン借り換えガイド All Rights Reserved